*

祝 ほぼ日、上場!コンテンツマーケティングは有効なのか。

      2017/04/17

超有名なコピーライターである糸井重里さん率いる「ほぼ日」社が上場して、約1か月が経ちました。

ほぼ日<3560>(JQ)は、3月16日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は著名コピーライターの糸井重里氏が社長を務め、オリジナルコンテンツ中心の無料ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を企画運営して集客し、オリジナル企画の文具および日用雑貨などを「ほぼ日刊イトイ新聞」内のインターネット通販で直接個人に販売して収益を得ることを主要事業としている。主力商品の『ほぼ日手帳』並びにその他一部の商品および書籍は、卸販売も行っている。

ほぼ日は『ほぼ日手帳』の受注が伸長、目先4400円割れ水準で下値を固めるか

4月16日時点では、4,235円。上場時の株価が5,000円だったので、16%近く株価を落としています。

商品の主軸は、ほぼ日手帳で売上の70%を占めるそうです。

ほぼ日刊イトイ新聞は、98年6月のオープン以来、毎日休まず更新してきた。自社商品の紹介やエッセイ、対談、インタビュー記事など、「時流を問わずいつでも楽しめる息の長い内容」や、「人と社会への肯定感に根ざした姿勢のコンテンツ」を中心に掲載。それによって「多様な生活者に支持されている」と同社は有報で分析している。

2016年8月期の売上高は約38億円(前期比16.2%増)、営業利益は約5億円(同23.8%増)、純利益は約3億円(同0.3%増)。主力商品の「ほぼ日手帳」が好調で、特に中国を中心にした海外販売が伸張。16年版は前年版比6万部増の61万部を販売し、約26億円を売り上げたという。

「ほぼ日」ついに上場 売り上げの7割が「手帳」 サイトの読みものは「社会への肯定感に根ざしている」

 

事業主という視点でみると、毎日、自社商品についての情報発信をしていくと、ほぼ日手帳のような大ブレイク商品を生み出せるかどうかというのが気になるところです。

会社の立ち上がりが、インターネット黎明期の1998年。楽天の創業時とあまり変わらない時代と考えると、事業主が後発で二番煎じを狙うのは厳しい気がします。

 

「拡散」という視点で考えると、やはり写真の方が爆発力が有る気がします。

 

初回無料!

商品ページ改善カウンセリング行います。

■お問い合わせ

 

 -未分類

  関連記事

自己紹介

はじめに

  はじめまして。本ブログは、JFT株式会社を運営する社長のブログになります。 次回のエン

米朝戦争勃発!?商人として、我々はどうすべきか。

あまり報道をされていませんが、アメリカと北朝鮮の関係が、非常に緊張しています。 北朝鮮に「最大限の圧

来年のイースター商戦は乗るべき!?

イオンが、きゃりーぱみゅぱみゅさんを使って、イースターを大々的に盛り上げようとしています。 &nbs

近年のECのトレンド

先日、楽天市場のSEO事情について記載をさせていただきました。   「楽天市場の説明文上の

ゴールデンウィーク商戦の準備は順調ですか。

今週末から、待ちに待ったゴールデンウィーク。 商売をする側からすると、売上が一気に落ち込む怖い時期で

ゴールデンウィーク商戦の準備は順調ですか。

今週末から、待ちに待ったゴールデンウィーク。 商売をする側からすると、売上が一気に落ち込む怖い時期で

来年のイースター商戦は乗るべき!?

イオンが、きゃりーぱみゅぱみゅさんを使って、イースターを大々的に盛り上げようとしています。 &nbs

祝 ほぼ日、上場!コンテンツマーケティングは有効なのか。

超有名なコピーライターである糸井重里さん率いる「ほぼ日」社が上場して、約1か月が経ちました。 ほぼ日

PRの仕方~パクチーの事例

パクチーの話題で面白いものがあったので、ご紹介をさせていただきます。   <bloc

PRを積極的に行っていますか?スターウォーズ予告編が解禁

世界待望のスター・ウォーズの最新作の予告編が公開されました。   公開は、12月なので、ま